ダイエットサプリマインロゴ

人気ワード


脂肪燃焼系ダイエットサプリ口コミ人気ランキング

並べ替え:
  • おすすめ順
  • 評価の高い順
  • 安い順
  • 高い順

件表示

並べ替え:
  • おすすめ順
  • 評価の高い順
  • 安い順
  • 高い順

10件中6件

並べ替え:
  • おすすめ順
  • 評価の高い順
  • 安い順
  • 高い順

10件中8件

並べ替え:
  • おすすめ順
  • 評価の高い順
  • 安い順
  • 高い順

10件中0件

脂肪燃焼サプリとは?

脂肪燃焼サプリは、その名前のとおり身体に付いてしまった脂肪を燃焼させる効果が期待できる成分を豊富に含んでいます。成分は主に、カルニチン、アルギニン、フォルスコリンなどです。
これら主成分の効能は、カルニチンはミトコンドリアという細胞に含まれ脂肪酸を運び、アルギニンは体脂肪の分解とエネルギー代謝をスムーズにし、フォルスコリンは肥満を予防します。こうした成分の働きにより脂肪燃焼サプリを服用すると、ダイエットに期待が見込めるということです。

脂肪燃焼サプリの効果

具体的な効果としては、基礎代謝を上げる、肝臓の機能を高める、などが挙げられます。簡単にいうと、脂肪燃焼しやすい環境を作るということです。

基礎代謝とは、人間の活動を維持するのに必要最小限のエネルギーのことです。基礎代謝が下がれば太りやすくなり、反対に上がれば太りにくくなり消費カロリーが増します。いくら食べても太らない人は、基礎代謝が高いということです。

肝臓の機能を高めるのは、主に肝臓が脂肪燃焼の働きを担っているからです。肝臓機能が高ければ高いほど脂肪の燃焼が活発になる一方、低下すると脂肪燃焼効率が悪くなるだけでなく、疲労などさまざまな症状が引き起こす可能性があります。

肝臓機能低下を招く原因は、偏った食事やストレスや睡眠不足など乱れた生活習慣にあるといわれているので、心当たりがある人はまず、生活習慣を規則正しくしましょう。

脂肪燃焼サプリを服用しても、すぐさま脂肪が大量に燃焼されるわけではないため、あくまでも補助的かつ促進する効果に限定されると理解しましょう。

脂肪を燃焼する仕組み

ダイエットを始めるに当たっては、脂肪燃焼のメカニズムを知らなければなりません。人間は糖分と体脂肪をエネルギー源としています。体脂肪は足りない糖分のエネルギーを補い、代用エネルギーの役目を担います。

体脂肪がエネルギーとして使われるということは、脂肪が燃焼して減り体重を落とせるという仕組みです。体脂肪をエネルギーとして使うには、運動と食事制限が必要となります。

運動は有酸素運動がおすすめです。有酸素運動をすることで、血液中に含まれる糖質をエネルギーとして使い、足りなくなったら、肝臓や筋肉など体の至るところに蓄えられている糖質が消費されます。

それでも足りなくなったら、体脂肪がエネルギーとして使われますので、ここで初めて脂肪燃焼に至るというわけです。しかし、逆に血糖値が上がると、運動や食事制限を行っても、脂肪燃焼がしにくい状態になり、痩せにくい状態となります。

ケーキや大福、ポテトチップスなどのおやつを好んで食べる人が太りやすいのは、常に血糖値が高いことにあります。ダイエット期間中はおやつを食べないのが理想です。

脂肪燃焼・代謝アップサプリの口コミをピックアップ!脂肪燃焼・代謝アップサプリの口コミをピックアップ!

  • ダイエットが続いたことがなく今回もダメかもと思いつつも、とりあえず毎日飲んでみました。便通がよくなり、すっきりと朝目覚めるようになりました。体のリズムが整ったような気がします。体重も2ヶ月で3kg減と効果がありました。
  • 産後体重が落ちなかったのでサプリを飲みはじめてみました。食事にも気をつけ、ストレッチも加えたところ、目標体重まですんなり落とすことができました。これまでいろいろなダイエットを試してきて効果がかなかな出なかったので驚いています。
  • 好きなものを我慢することが苦手で、ダイエットは失敗ばかりでした。太ももやおお尻はパンパン。思い切ってサプリをはじめ出張や旅行にも欠かさず持ち歩いたところ1ヶ月で1.3kgぐらい痩せました。便秘や肌トラブルも改善したので手放せなくなりました。
  • 母がプレゼントをしてくれて飲みはじめました。汗をかきやすくなり、体がぽかぽかするようになりました。食事制限は一切しなかったのがよくなかったのか、体重は変化しませんでした。痩せるサプリメントと考えると続けるかは疑問です。
  • 旦那と一緒にダイエットをはじめサプリを飲むことにしました。私は仕事と育児でぐったりでしたが、旦那はランニングもはじめ3kgの減量に成功。私には効果なしでした。飲むだけではダメなのかな。一緒にランニングが出来たらよかったなと思います。
  • 飲みはじめて2週間たちますが、まだ体重はあまり減っていません。朝の目覚めや、肌の調子が少し良くなってきた気もしますが、サプリの効果なのでしょうか。これからは食事にも気をつけつつ、もう少し続けてみたいと思います。

脂肪燃焼サプリが向いている人

体をよく動かす人

日常的に体を動かしている人や、運動が苦にならないという人には脂肪燃焼サプリが向いています。脂肪燃焼サプリは、その人のダイエットをサポートすることにあるので、体を動かす人には向いているというわけです。

体内リズムに気を使う人

起床し、食事し、体を動かし、そして寝るという規則正しい体内リズムを持っている人や、不規則な生活を整えながらダイエットしたいという人には向いています。体内リズムを整えることもまたダイエット法のひとつです。体内リズムの乱れは、ストレスをため込む要因のひとつで、ストレスをため込んだ状態でのダイエットの成功率が低くなるとされています。まずは体内リズムを規則正しくし、ストレスを解消するようにしましょう。

食事の量を意識している

基本的に栄養バランスの整った食事を心がけることが、ダイエット成功の近道となります。運動より食事の見直しが、ダイエットの成功率を高めるといわれています。食事の量を意識しながらサプリを長期的に服用し続ける人も、脂肪燃焼サプリは向いています。普段から食事の量が多いと思ったら、徐々に減らすことから始めましょう。急激に減らしてもストレスがたまるだけで、体にはよくないとされています。

脂肪燃焼サプリが向いていない人

  • サプリだけに頼り、ついつい食べ過ぎてしまう人
  • 日常的に体を動かすことが少なく、運動をすることが嫌いな人
  • 飽きっぽくサプリを継続して飲むことが苦手な人

脂肪燃焼サプリを選ぶポイント

081807
国産とアメリカ産

サプリメントには、国産とアメリカを含む海外産があり、両方とも日本で流通していますが、安全面を考えれば国産のサプリメントを選ぶべきです。海外製品や個人輸入したサプリメントを服用して健康被害を受けても、製造したのが海外業者なので、保証してもらうことはできません。国内産であれば、何らかの形で対応してもらえるでしょう。

パッケージの表示内容に注目。

信頼できるサプリメントのパッケージには、特定保健用食品(トクホ)、栄養機能食品、機能性表示食品などと表示されています。説明が長くなるので省略しますが、こうした表示のないサプリメントは避けたほうが無難でしょう。

製造方法がしっかりしている

GMPマークがあるサプリメントがおすすめです。GMPとは適正製造規範を意味し、国によって定められた医薬品などの製造品質管理基準のことを指します。このマークが付いた製品は品質が確保されているということを表しています。

注意すべきポイント

魅力的な表現(受賞歴や美容効果があるなど)や、目的外の成分が入っているものには注意しましょう。魅力的な表現が本当とは限りませんし、効果も保証されているわけではありません。自分がサプリを服用する目的は何んなのかよく考え、サプリメントを購入するようにしましょう。

脂肪燃焼サプリのよくある質問

効果的な飲み方を教えてください。
酵素は熱に弱いので、熱い飲み物は避けましょう。牛乳も酵素の働きを弱くするといわれています。水やぬるま湯で飲むことがおすすめです。
飲むタイミングは何時ごろがベスト?
夕食はお米などを控えめにし、サプリを飲むことがおすすめです。炭水化物は糖になりエネルギーとして使われます。糖がなくなってから脂肪がエネルギーとして使われはじめます。炭水化物を多くとると、燃焼力を上げるだけで痩せるまでいかないという結果になってしまいます。また、脂肪がエネルギーとして消費されるためには血液の循環も大切です。カロリーが少ない水やお茶などの水分をこまめにとり血液の流れをよくしましょう。
運動前に飲むと効果的ですか?
サプリを服用するタイミングは、薬ではないので基本いつでも構いませんが、運動前に飲むのがほとんどのサプリで効果的とされています。運動して汗をかいてから服用しても、あまり効果は期待できません。その理由は、飲んでから体全体に行き渡るのに1時間かかるといわれているからです。ですから、運動する1時間前に摂取すると最も効果的ということになります。
効果的な飲み方を教えてください。
酵素は熱に弱いので、熱い飲み物は避けましょう。牛乳も酵素の働きを弱くするといわれています。水やぬるま湯で飲むことがおすすめです。
筋トレに効果的ですか?
脂肪燃焼サプリの目的が、人間の体脂肪を燃焼することにあるので、筋トレして筋肉を付ける目的で服用しても、効果は期待できません。しかし、筋トレとダイエットには密接な関係があります。

脂肪を燃焼させるだけなら簡単ですが、問題はその後にあります。仮にダイエットに成功したとしても、リバウンドの危険性をはらんでいます。なぜなら、ただ脂肪を燃焼させただけのダイエットでは、基礎代謝を高める役目を担う筋肉が付いていないからです。

そこで、ダイエットと並行して行いたいのが筋トレです。筋トレにはプロテインが欠かせません。プロテインは筋肉に欠かせないタンパク質を補うためのサプリメントで、普段見られるサプリメントは錠剤やカプセルですが、プロテインはほとんどが粉末です。プロテインの摂取タイミングは筋トレ後が適切だとされています。

脂肪燃焼効果がある食べ物

大豆製品

大豆といえば、我々の生活に欠かせない豆腐、納豆、味噌汁などの加工食品があります。これらの食品は比較的安いので、毎日食べても経済的な負担が少なくてすみます。大豆製品には血糖値を下げる効果があるとされていますが、直接的な脂肪燃焼効果は期待できません。しかし、脂肪燃焼を手助けしてくれる効果があります。

グレープフルーツ

ダイエットに欠かせないヌートカトンとナリンギンという成分がグレープフルーツには含まれています。前者は脂肪燃焼の促進、後者は食欲抑制と抗酸化作用と血流改善などの効果があるとされています。炭水化物を摂取する前に食べると効果の発揮に期待ができます。

しょうが

しょうがは、ジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロンなどの成分を含んでいますが、このうちジンゲロールとショウガオールには、脂肪燃焼を手助けしてくれる成分が含まれています。ジンゲロールには発汗作用と血管拡張の効果があるとされ、ショウガオールには脂肪を分解して筋肉で消費しやすくする効果があるといわれています。

ラム肉

ラム肉には、L-カルニチンという成分が豊富に含まれています。運動能力の向上に加え、疲労感の解消にも期待ができるので、ダイエットを行う際ラム肉は欠かせません。鉄分やビタミンB群も豊富なので、ジンギスカンが好きな人にはおすすめです。ただし、食べすぎないように注意しましょう。
オススメ記事:脂肪燃焼レシピ

脂肪燃焼にオススメの運動方法

ウォーキング

有酸素運動の中でも定番中の定番とされ、脂肪燃焼するのに欠かせない運動法です。歩くだけの運動なので、誰でもできますが、ただ単に歩くだけではなく、腕をリズミカルに振って、歩幅をできるだけ広げるように歩くと効果的です。

ジョギング

有酸素運動のひとつで、ウォーキングより消費カロリーが高い運動です。ウォーキングである程度の体力が付いたと思ったら、途中からジョギングに切り替えて、走ってもいいでしょう。

水泳

ウォーキングやジョギング、サイクリングより消費カロリーが高いとされています。泳げなくても、水の中を歩くだけでもダイエット効果はかなり期待できます。

なぜダイエット効果が高いのかというと、水の抵抗があるため陸上を歩くより大きな負荷がかかりますし、泳ぐとしても、かなりの筋肉を使うからです。その結果、脂肪燃焼だけでなく筋肉もバランスよくつきます。

なお、平泳ぎはクロールより消費カロリーが高いとされていますので、おすすめの泳法は平泳ぎです。

屋内でできる有酸素運動

冬になって雪が積もると、ウォーキングやジョギングはしばらくできません。屋内プールに行けば水泳はできますが、雪道を通って施設に行くのは、危険ですし、億劫です。そこでおすすめするのは、自宅でできるスクワットや踏み台昇降運動、ヨガなどの有酸素運動です。

有酸素運動は脂肪燃焼サプリと組み合わせることで、さらなる効果に期待が見込めるので、運動前にかならず服用するようにしましょう。

ダイエットサプリを探す