ダイエットサプリマインロゴ

人気ワード

ぽっこりお腹の内臓・皮下脂肪に効くダイエットサプリランキング

<内臓脂肪・皮下脂肪・ぽっこりお腹に効くダイエットサプリ


ベルトが締まらない、ビール腹。太ってしまった時、もっとも気になる場所の1つがウエスト。ぽっこりと出てしまったお腹を引き締めたいという方は多いはず。そんなぽっこりお腹で悩んいでる方へ、内臓脂肪・皮下脂肪に効果があると考えられているダイエットサプリを紹介します。

ぽっこりお腹に効く!サプリランキング

並べ替え:
  • おすすめ順
  • 評価の高い順
  • 安い順
  • 高い順

口コミをピックアップ!サプリを利用した人の口コミ

  • 半年ほどでようやく-2kgのダイエットに成功しました。即効性はありませんがその分健康的に痩せられたと感じているため満足しています。
    口コミ評価4点 40代/男性
    ライオン ラクトフェリンの口コミをもっと見る
  • 「DHC ラクトフェリン30日分」は他の製品と比べてはるかに安いのが嬉しいですね。飲んでいるとお通じが良くなったことが目に見えて分かります。飲むのを止めるとすぐ便秘になってしまうぐらいです。
    口コミ評価4.5点 30代/男性
  • 2週間飲んでもまったく痩せられません。定期購入を止めようと思い連絡すると「3ヶ月は続けないと効果が期待出来ない」とのこと。そんなに時間がかかるのならもっと早く痩せられるサプリがあると思います。
    口コミ評価1点 40代/女性
    ライオン ラクトフェリンの口コミをもっと見る
  • 体重に変化なし。有名企業が作った上に値段が高いサプリなだけあってガッカリです。定期購入を止めようとしたら引き止められてしつこかったのも好感度ダウンでした。
    口コミ評価2点 30代/女性
    ライオン ラクトフェリンの口コミをもっと見る
  • 1ヶ月続けましたが、その程度の期間では少しお通じが良くなったぐらいの変化しか見られませんでした。体重も変わらず、少々残念な結果です。
    口コミ評価2.5点 30代/女性
  • はっきり言って痩せないです。メーカー側が3ヶ月以上の使用を推奨しているため、もっと長いスパンで観察しなければならないかもしれません。なかなか結果が出ないため、モチベーションを保つことが難しいです。
    口コミ評価1点 30代/男性

ぽっこりお腹痩せサプリとは?

ぽっこりと出たお腹を引き締めて、スリムな体型にするというダイエットサプリです。普段の生活の中で、お腹が出ていることが気になっている人はたくさんいます。このダイエットサプリは、気になるお腹のラインをスリムにしてくれるというものです。

内臓脂肪と皮下脂肪の燃焼を手助けする効果があるので、規則正しい生活を送り続けながら、出てきたお腹を徐々に引き締めることに期待できます。少しでも短い期間に効果を出したい方にオススメです。

ぽっこりお腹ダイエットサプリはどんな効果が得られるのか?

ぽっこりお腹を引き締める効果を持ちますが、脂肪を燃焼させるサプリなら、全身に付いた脂肪をバランスよく燃やせます。このダイエットサプリを服用することで、脂肪燃焼の効果が得られるということです。

ぽっこりお腹の主な原因は、腸内環境が悪い、お腹周りの筋力が低下している、骨盤の歪みなどが挙げられます。筋力低下と骨盤の歪みは、筋肉を鍛えたり、骨盤を矯正したりして、改善することができますが、腸内環境が悪い場合は、腸内環境を改善しなければなりません。

ぽっこりお腹サプリはこれらの原因を取り除くという効果を持ち合わせていますが、その他のお腹が出る原因と思われる不規則な生活や運動不足などを改善しなければ、効果は期待できません。

ダイエットサプリの効果はあるが、原因を取り除かなければ、意味はないということです。ぽっこりお腹ダイエットサプリを服用し、最大限の効果を発揮するには、なぜぽっこりお腹になったのかという原因を知るところから、始めなければなりません。

ぽっこりお腹が痩せる仕組み

ぽっこりお腹は、内臓脂肪と皮下脂肪がたまって、ぽっこりとお腹が出ている状態です。ぽっこりお腹を引っ込ませるには、このふたつの脂肪を燃やさなければならないということです。

痩せるにはまず、摂取カロリーを抑え、消費カロリーを向上させることから始めなければなりません。摂取カロリーは食事制限で抑制することができますし、消費カロリーは身体活動のレベルが高ければ高いほど、脂肪を燃焼します。

消費カロリーが向上し、摂取カロリーが下回れば、下回った摂取カロリーを補うため体に蓄積している脂肪をエネルギーとして消費します。そこにぽっこりお腹ダイエットサプリが加われば、さらに脂肪を燃焼しやすい状況になります。

脂肪を燃焼させるのは簡単ですが、リバウンドに陥りやすい状況もともないます。ぽっこりお腹の再発を防ぐには、脂肪を燃焼させるだけでなく、筋肉量を増やし、基礎代謝を向上させることで、リバウンドを予防することができます。

ダイエットだけでなく、筋トレをしなければならないということです。

ぽっこりお腹に効くに成分は?

ここではポッコリお腹に効く成分として有名な「ラクトフェリン」「防風通聖散」について説明いたします。ちなみにこのページで紹介してるサプリはこの2つの成分が主に含まれています。

ラクトフェリン

ライオンが「内脂肪を減らす助けがある」と研究結果をwebサイトに公開しております。

上記CT映像は、12例のうち特に顕著な内臓脂肪低減が見られた例で、「ラクトフェリン」摂取2ヵ月時点で、内臓脂肪面積40%減の効果が認められました。
引用元:ラクトフェリン研究室-効果検証1|ライオン株式会社
http://kenbi-labo.lion.co.jp/lactoferrin/contents_l_1.htm

ラクトフェリンについてもっとく詳しく見る

防風通聖散

肥満症の治療薬として実際に医者からも出されるお薬の成分。皮下脂肪に効果的なので、お腹を集中的に痩せたいのならこの成分が含まれたダイエットサプリを選ぶようにしましょう。防風通聖散は副作用があるので、利用前に必ず詳細をチェックするようにしましょう。

防風通聖散の副作用について知る

ぽっこりお腹痩せサプリの選び方。ポイント

ぽっこりお腹痩せサプリはひとつだけでなく、色々とあります。選び方のポイントでもっとも大切なのは、ぽっこりお腹になってしまった原因を知ることです。安易にサプリを選んでも、それが自分に合うとは限りません。選び方のポイントをいくつか挙げて、解説いたします。

国内産を選ぼう

サプリメントには、国内で製造された国産と、海外で製造された海外産のふたつがあり、選ぶなら断然前者の国産品です。サプリメントを服用して、万が一、健康被害を受け場合、国内の製造会社ならそれなりの対応してもらえるからです。

海外産のサプリメントは、製造会社が海外なので、健康被害を受けても保障を受けることができません。保障のことを考慮すると、国内産を選ぶべきです。

カロリーカット効果のあるサプリを選ぶ

ぽっこりお腹の原因が食べすぎ、飲みすぎだったら、糖質と脂質をカットするカロリーカットの効果があるサプリメントがオススメです。糖質と脂質の栄養素をカットしてくれるので、ダイエット中の人に向いています。

すでに出てしまっているぽっこりお腹でも、服用し続ければ効果あるので、自然とお腹を引き締めてくれます。

乳酸菌が入ったサプリを選ぶ

腸内環境の乱れはぽっこりお腹の原因のひとつです。乳酸菌が入ったぽっこりお腹サプリで、乱れた腸内を正常に整えることで、ぽっこりお腹の引き締めが期待できます。痩せ菌こと善玉菌を増やすだけでなく、善玉菌のエサとなるオリゴ糖が配合されたサプリメントも効果的です。

ぽっこりお腹痩せサプリが向いている人

ぽっこりとお腹が出やすいという人は、ぽっこりお腹痩せサプリが向いていますが、具体的にどのような人に向いているのかをいくつか挙げて、解説いたします。

炭水化物や脂っこいものが好きな人

ご飯や麺類などの炭水化物、お肉や揚げ物など脂っこいものなどが好きな人に向いています。これらを組み合わせた食べ物は栄養バランスを無視しているので、ぽっこりお腹になりやすくなります。

炭水化物や脂っこい食べ物はカロリーも他の食べ物より高いので、ぽっこりお腹になる条件にぴったり当てはまります。炭水化物と脂っこいもののカロリーを抑えるためには、ぽっこりお腹痩せサプリが向いているということになります。

ビールが好きな人

ビールなどアルコール類が好きな人にも向いています。ビールの飲み過ぎが原因で、俗に言う「ビール腹」になってしまった人は、ぽっこりお腹を引き締めなければと頭でわかっていても、ほとんどの人がうまくいっていません。

こういった人達には、ぼっこりお腹痩せサプリが向いています。ただし、サプリを服用しながらビールを飲むという行為は、サプリの効果を低下させることにつながるので、サプリの服用期間中は、禁酒するべきです。

ダイエットしている人

ダイエットといっても目的は痩せることにありますが、真の目的は、自分の理想とする体型ですので、ぽっこりお腹痩せサプリはダイエットする人にも向いています。

ぽっこりお腹にオススメの食べ物

ぽっこりお腹痩せサプリに頼らず、食べ物で改善したい人には、オススメの食べ物があります。その食べ物をいくつか挙げて、解説いたします。

大豆製品

大豆は「畑の肉」と呼ばれていますが、これはタンパク質が豊富に含まれていることに由来しています。血液をサラサラにして、血行をよくし、基礎代謝を向上させるというさまざまな効果を持ち合わせています。これらの効果によって、ぽっこりお腹の解消に期待ができます。

大豆製品といえば、納豆、豆腐、味噌汁など、わたし達の食生活に欠せない食品ばかりです。しかも安価なので、手軽に食べられます。ダイエットだけでなく、女性ホルモンを整える効果も持っているので、女性にもオススメです。

トマト

トマトには、血糖値を下げ、中性脂肪とコレステロールを抑制する効果があります。大きなトマトをスライスして、サラダに盛り合わせるとか、ミニトマトを朝食に出すだけでなく、弁当の中に沿えるなど、気軽に食べることができます。

生で手軽に食べられるので、ダイエット期間中の小腹対策にも使えるだけでなく、大豆と同じく安価なので、気軽に食べることができます。

こんにゃく

こんにゃくは食物繊維が豊富なので、便通対策には最適の食べ物です。便秘もダイエットにとって大敵です。ダイエットのためには、便通対策して腸内環境を整えなければなりません。ボリュームがありながら低カロリーなので、ダイエット期間中の食べ物としてオススメです。

しらたきはこんにゃくと同じ材料で作られているので、こんにゃくかしらたき、好みで選んでもいいでしょう。

野菜

キャベツやレタスなどの野菜は食物繊維が豊富なうえ、代謝をサポートしてくれるので、ダイエット期間中に欠かせません。積極的に野菜を摂るのは大事ですが、過剰に野菜を摂ってしまうと、野菜だけで満腹になりタンパク質が摂れず、基礎代謝が下がって、脂肪が燃えにくくなってしまいます。

朝昼夕の食事は最低一品、野菜を加えることで、栄養バランスを整えることができます。

ぽっこりお腹にオススメの運動方法

ぽっこりお腹は内臓脂肪と皮下脂肪の固まりなので、脂肪燃焼に向いている有酸素運動を行う必要があります。脂肪燃焼に効果のある有酸素運動をいくつか挙げて、解説いたします。

ウォーキング

有酸素運動の中でももっとも苦にならない運動方法がウォーキングです。ダイエットが目的だけでなく、体力維持にもの効果もあります。リズミカルに腕を振って、早歩きすることで、効果を最大限に発揮します。1時間以上歩き続けるようにしましょう。

ジョギング

ウォーキングで、ある程度の体力が付いて、体重がそれなりに落ちたら、ジョギングを行ってもいいでしょう。ジョギングも有酸素運動のひとつです。走り続けるという激しい運動ですが、消費カロリーが大きくなるというメリットがあります。5~10分走り続けても効果はあります。

サイクリング

自転車で20分間走り続けることで効果が出ます。こぎ続けるので、血流改善にも役立てます。ただし、最近流行りの電動自転車でなく、普通の自転車に乗りましょう。長時間、走り続けたいなら、クロスバイクかロードバイクがいいでしょう。しかし、冬は自転車に乗れないので、屋内でもできるエアロバイクがオススメです。

水泳

有酸素運動の中でもっともオススメなのが水泳です。水中を歩くだけでもダイエット効果があると言われているほどですが、水の抵抗力と水圧のおかげで、効率よく筋トレを行えます。

オススメな泳ぎ方は、全身の筋肉を鍛えたいならクロール、脂肪燃焼に集中したいなら平泳ぎ、効率よく筋肉を鍛えて、脂肪を燃焼させたい場合は両方です。

オススメコンテンツ

ぽっこりお腹に効果的なヨガのポーズ5選

その他部位からサプリを探す

むくみ解消
下半身痩せを痩せたい人は、むくみ解消サプリをチェック。

ダイエットサプリを探す