ダイエットサプリマインロゴ

人気ワード

太りやすくなった人にオススメのダイエットサプリランキング

「同じ量を食べているのに、ずいぶん太りやすくなった」。年をとるごとにそんな風に感じるという方はたくさんいます。
太りやすくなった

年を重ねるごとに太るのは「代謝の低下」が原因

若い頃は、食べたものはすぐにエネルギーとなり、体が消費してくれました。しかし、年齢が高くなるにつれ、エネルギーの消費が追いつかず、体内に脂肪として蓄えられることが多くなります。

<年齢別でみる基礎代謝量の変化>
年齢別でみる基礎代謝量の変化
※厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」を基に作成

摂取した栄養を体内でエネルギーに変換する代謝の力は、年齢と共に衰えていきます。
そのため、昔と同じように食べていると自然と太ってしまうのです。

エネルギー消費の7割を占める「基礎代謝」

わたしたちの体が行う代謝には、3つの種類があります。

■基礎代謝
血液を全身に送ったり、呼吸をして酸素を取り入れたり、という内臓が行う生命維持活動で消費するエネルギー

■活動代謝
体を動かすことによって消費されるエネルギー。運動はもちろんのこと、家事や仕事などの普段の生活の中で「活動代謝」が行われています。

■食事誘導性熱産生(DIT)
食べ物を消費するときに使われるエネルギー
3種の基礎代謝が占める割合
それぞれの代謝が占める割合は、
「基礎代謝」が約70
「活動代謝」が約20
「食事誘導性熱産生」が約10
そのため、燃費のよい体づくりには基礎代謝力のUPが欠かせません

基礎代謝は「食事」や「運動」によって上げることができます

基礎代謝は「食事」や「運動」でアップ
若い頃とは違い、年を重ねていくと、意識して自ら代謝率を高めていく必要があります。大変なことをしなければならと思われるかもしれませんが、ちょっとした心がけでそれは可能です。

キーワードは、
食事の改善」と「運動
この2つを実践して、加齢に負けない体を作っていきましょう。

運動で代謝力をUPする方法

運動をすることは、もちろん「活動代謝」につながるのですが、実は「基礎代謝」を高める意味合いのほうが大きいのです。

■筋肉を鍛えてエネルギー消費率を上げる
筋肉は、体の中でも2~3番目に基礎代謝が活発な部位。加齢と共に基礎代謝が落ちるのは、筋肉の衰えが大きく関係しています。毎日運動することで筋肉を鍛える必要があります。
筋肉を鍛えてエネルギー消費率を上げる
筋肉を鍛えると基礎代謝が高まりますが、激しい運動は筋肉疲労につながりますのでおススメできません。理想は、毎日20~30分、無理なく続けられる有酸素運動です。

■内蔵機能を向上させる運動
自分の意思では動かすことができない内蔵も鍛えられる運動法があります。それは、ヨガです。
内蔵機能を向上させる運動「ヨガ」
酸素を深く吸い込み、ゆっくりと吐き出す呼吸法は、気持ちを落ち着かせるだけではなく心肺機能を向上させます。また、手足だけでなく、体全体をねじったり屈伸したりするヨガ独自のポーズは、内蔵機能を高めるのに効果的。ヨガは、衰えかけた代謝力を高めるのに最適な運動法です。

食事で代謝率をUPさせる方法

代謝が落ちてきたのなら、食事量を減らせば自然と太らなくなります。自分の身体が消費できるエネルギー量に合わせたカロリーを摂取することが大事です。
食事で代謝率をUP
しかし、基礎代謝そのものをUPさせる食材もありますので、バランスのとれた食事をしていれば、無理な食事制限は必要ありません。

■腸の「ぜん動運動」を促す食べ物を摂取
腸の消化活動を活発にすることで基礎代謝は上がります。
そのためには、腸の「ぜん動運動」を促進する食材がおススメです。
腸の「ぜん動運動」を促す食べ物を摂取

<食物繊維>
食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類があります。
摂取する割合は、
水溶性1:不溶性2が理想です。

水溶性食物繊維:ヌルヌルとした粘性があり、保水性に優れています。また、脂肪の吸収を抑え、コレステロール値を下げる働きもあります。
・海藻類、アボガド、オクラ、ごぼう、納豆、イモ類などに多く含まれます。

不溶性食物繊維:水に溶けにくい繊維質。水分を保持して便を柔らかくして“かさ”を増やす役割があります。また、腸内にある有害物質を排出する働きもあります。
・きのこ類・雑穀のほか、ひよこ豆、おから、切り干し大根、アーモンド、ゴマ、豆類などに多く含まれます。

<オリーブオイル>
オリーブオイル
オリーブオイルは、腸の中を滑りやすくする働きをしてくれます。また、不溶性食物繊維が豊富に含まれているため、便の硬さを調節する役割もあり、とても腸と相性の良い食材です。

肝臓の代謝をUPさせる方法

肝臓は、ヒトの体重の50分の1を占める、内蔵の中で最も大きい臓器です。体の“解毒作用”や“胆汁の生成”などの重要な機能を果たしているだけでなく、「基礎代謝の27%は肝臓で行われる」といわれるほど、活発に代謝を行っている部位です。

ですので、肝臓を元気にするだけで基礎代謝はとても高くなります。

<クルクミン>
クルクミン
クルクミンは、ウコン(=ターメリック)に含まれる黄色いポリフェノール成分のことです。この栄養素は、肝臓の働きを助ける働きがあるので、香辛料として、積極的にとるようにしましょう。

<良質なタンパク質>
良質なタンパク質
肝蔵は、主にタンパク質でできています。そのため、大豆などの良質なタンパク質は、肝機能を正常に保つ働きがあります。また、大豆に含まれるサポニンは、脂質の発生を抑えてくれるのでオススメです。

<しじみ(オルニチン)>
しじみ
しじみはお酒をよく飲む方や、二日酔いに効果があるといわれていますが、他にも脂肪を燃焼するパワーがありダイエットにも効果が期待されています。
ただし、オルニチンを摂取するだけではダイエットにはならないので、運動をすることで脂肪がよく燃焼されるとされています。

オルニチン成分を含んだサプリ

もりもり
もりもり
オルニチンやカルニチン、クエン酸など10成分をまとめて摂れる複合タイプのダイエットサプリ。若々しく引き締まったボディを目指す人に!口コミを見る
オルニチン
DHCオルニチン
しじみ成分が1日1,280mg、しじみに換算すると約2,300個も摂取できます!代謝の低下が気になり始めたらこれ!口コミを見る
並べ替え:
  • おすすめ順
  • 評価の高い順
  • 安い順
  • 高い順

どんな人でも、年齢と共に基礎代謝は落ちてきます。しかし、生活習慣を改めることでいつまでも若々しく太りにくい体を作ることができます。基礎代謝を上げる運動や食材などに留意して、太りにくい体つくりを始めましょう。

しかし、運動して筋肉を鍛えたり、食事に気をつけたりすれば基礎代謝が上がり、太りにくい体を作ることができます。

参考URL
1.

ダイエットの効果を成分別でまとめました

どんな成分がダイエットに効果があるのか知りたい方はまずこちらをご覧ください。
成分まとめ

ダイエットサプリのお得なキャンペーン情報

ダイエットサプリを安く買いたい方にお得なキャンペーン情報をお届けします。
TRIAL 初回限定キャンペーン

ダイエットサプリ特集一覧

生酵素ダイエット特集
生酵素ダイエットサプリ特集

今ダイエッターに人気のブラックジンジャーサプリ特集
dhcダイエットサプリ特集
DHCダイエットサプリの1位はどれだ?DHC総選挙口コミ人気ランキング!
芸能人モデル愛用サプリ特集
芸能人・モデルが愛用しているダイエットサプリまとめ
雑誌掲載_img_small
雑誌やメディアで紹介されているダイエットサプリ大特集
モンドセレクション受賞サプリ
モンドセレクション受賞したダイエットサプリまとめ

ダイエットサプリを探す