ダイエットサプリマインロゴ

人気ワード

杜仲配合ダイエットサプリ一覧

杜仲(トチュウ)は中国原産の落葉高木です。5大漢方の一つとして有名ですが、お茶として販売されたりしています。

この杜仲に含まれる「ゲニポシド酸」という成分が脂質やコレステロールをカットしてくれることから、ダイエットでは太りにくい体質作りが期待できます。

中国では漢方薬としても有名で、長寿の薬として珍重されてきました。主に期待できる効果としては

・むくみ予防:不要な塩分や水分を排出してくれる
・メタボ予防
・生活習慣病のリスクを抑える

など、サプリでこの成分を摂取することで、ダイエットしながら同時に多くの効果を期待できます。

サイリウム配合ダイエットサプリ一覧

並べ替え:
  • おすすめ順
  • 評価の高い順
  • 安い順
  • 高い順

杜仲には副作用があるのか?

杜仲は、中国原産の落葉樹です。杜仲茶であれば聞いたことがあるのではないでしょうか。苦味があって少し癖の強いお茶ではありますが、日本では大正時代から親しまれています。メディカルハーブとしても扱われている杜仲ですが、副作用に関してはっきりとした報告はされていません。

しかし、何事も過剰摂取はよくありません。杜仲茶もそうですが、ミネラルやビタミン類が豊富に含まれています。そのミネラルの中でもカリウムに注目します。通常、カリウムは体内の老廃物を排出してくれる働きがあり、デトックスには欠かせない成分です。しかし、杜仲茶の飲みすぎなどによりカリウムを大量に摂取し体内に残ると、高カリウム血症になる可能性があります。不整脈や手足の痺れといった症状が考えられますので、かなり注意が必要です。杜仲茶はダイエット目的で飲まれることが多いのですが、大量に飲めばいいというわけではないことを念頭に置くといいでしょう。

杜仲はどんな人に向いているのか?

杜仲の葉エキスには、「杜仲葉配当体」といわれる効果の源があります。多くはゲニポシド酸で構成され、アスペルロシドやクロロゲン酸・フラボノイド類などが含まれています。これらの作用によって得られる効果は、以下のような方におススメです。

メタボリックシンドロームの改善や予防をしたい人

近年の研究によると、杜仲の葉に含まれるアスペルロシドが肥満に効果的だと明らかになっています。アスペルロシドは、胆汁酸の分泌量を増やします。胆汁酸は、脂肪の燃焼をしやすい筋肉などに働きかけ、脂肪の代謝を活性化させます。その結果、基礎代謝がアップし内臓脂肪を減少させます。代謝が落ちて脂肪が尽きやすくなってくる中高年あたりにおすすめです。日本杜仲研究会によると、摂取することでウォーキング1時間の脂肪燃焼効果と同等の基礎代謝アップ効果が望めるとのことです。

コレステロールや中性脂肪を減らしたい人

上記で紹介したように、代謝のアップによってダイエット効果が見込めます。その影響により、高脂血症予防への効果も期待できます。これは、血中の中性脂肪を減らし、コレステロールを改善させることによる効果です。

冷えや肩こりに悩まされている人

杜仲に含まれる成分の中には、平滑筋を緩める働きをもつものがあります。平滑筋とは、血管や膀胱などの筒や袋状の壁に多くみられる筋肉です。胃や腸などでは、収縮することで食べたものを運ぶ役割もある筋肉。これらが緩むことによって血流がよくなり冷えが改善します。冷えが改善し血流がよくなれば、肩こりなども改善につながります。

イライラとストレスがたまっている人

血流が改善するということは、副交感神経に働きかけているということです。それによりリラックス効果が得られます。杜仲茶を飲むとストレスの緩和になるというのは正しく、最近イライラする・・・という人におすすめです。

便秘を改善させたい人

杜仲に含まれるゲニポシド酸は、自律神経を整える働きがあります。腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発化させることにより、便秘を改善へと促します。また、自律神経に働きかけるので、無理のない自然なお通じへと導いてくれます。
さらに、ピノレジノールとジグルコサイドによって、新陳代謝をアップさせます。代謝アップにより消化吸収をスムーズにすることで便秘の解消につなげます。当然、デトックス作用も持ち合わせていますので、便秘への効果は非常に期待できるでしょう。下剤や便秘薬などに頼らず改善させたいという人には最適です。

基本的に、血流を代謝をアップさせ血流を改善させることによって得られる効果が多いようです。ただし、摂取したからといってすぐに効果が発揮されるわけではありません。代謝がアップするまでには最低でも1週間は必要です。適量を続けて摂取することが一番大切です。

杜仲は医学的に根拠がある成分なのか?

杜仲に含まれる「杜仲葉配糖体」は、特定保健用食品の成分に指定されています。現在、杜仲葉配糖体を含むトクホ飲料には、血圧高めの方へという製品が販売されています。

血圧への効果は、いくつかの研究によって証明されています。
高血圧症の人85名を対象に、杜仲葉配糖体を含む飲み物を1日50ml摂取したところ、8~12週後に萎縮期血圧と10~12週後に拡張期血圧が低下したとのことです。
また、同じく高血圧症の人87名を対象に、ゲニポシド酸を含む食品を1日1本摂取したところ、8週間後に萎縮期血圧・拡張期血圧どちらも低い数値を示しました。これらのことから、血圧への有効性が証明されています。

ほかにも、動物を対象とした試験ですが、長期的に杜仲を摂取することにより精巣重量増加作用があったようです。肝タンパク合成や糖の代謝機能の改善効果もみとめられたとのこと。現在、人での研究結果は出ていませんが、杜仲の秘めた効果はほかにも多く存在しそうです。

ダイエットサプリを探す