ダイエットサプリマインロゴ

人気ワード

コラーゲン配合ダイエットサプリ一覧

コラーゲンは私たちの体を構成する重要なタンパク質の一つです。ゼラチンの主成分でできていて、体中のタンパク質の30%を占め、あらゆる箇所に存在するとても大切なものです。

直接的にダイエットと関係する成分ではありませんが、コラーゲンを構成するアミノ酸、「プロリン」には脂肪燃焼効果があり、積極的にエネルギーを作り出してくれます。

コラーゲンは低カロリー成分ですので、ダイエット中にコラーゲンを補給することで、栄養不足をサポートしてくれます。さらにコラーゲン入りのサプリは、肌荒れをなども防いでくれます。

サイリウム配合ダイエットサプリ一覧

並べ替え:
  • おすすめ順
  • 評価の高い順
  • 安い順
  • 高い順

コラーゲンには副作用があるのか?

コラーゲンは、皮膚や歯・血管といった組織に存在しているたんぱく質です。そのたんぱく質は、タイプによって分類されさまざまな構造で体内に存在しています。

基本的に副作用はほとんどない成分ではありますが、一般的にⅡ型コラーゲンを1日2.5mgを24週まで摂取することの安全性は暗示されています。

ただし、過剰摂取による副作用が心配されます。ニワトリ由来のⅡ型コラーゲンは、過剰に摂取することにより以下のような副作用を引き起こす可能性があります。
・食欲不振
・胃の不快感など胃腸症状
・吐き気や嘔吐
・口内炎
・トランスアミナーゼ濃度の上昇

ほかにも、
・皮膚へのアレルギー症状
・頭痛やめまい

などの報告があります。

コラーゲンを摂取したことによるアレルギーは、由来に原因が考えられます。基本的に豚由来・魚由来・牛由来があります。中でも豚や牛といった動物性コラーゲンはアレルギーが起こりやすいとされてますが、魚由来のフィッシュコラーゲンはアレルギーを引き起こす成分が少ないようです。アレルギーの心配がある場合は、できるだけ海洋性コラーゲンを摂取するようにしましょう。

-由来一覧-
牛の真皮・動物の骨・豚の真皮・鶏の真皮・サケの真皮・マグロの真皮・サメの真皮・いわしのうろこ・サメのひれ(食材として利用)

普段からたんぱく質アレルギーを持っている方や、アトピー性皮膚炎の方もコラーゲンによるアレルギーが出やすい傾向にありますのでご注意ください。また、牛由来のコラーゲンに関しては、狂牛病のこともあり使用が制限されています。

コラーゲンはどんな人に向いているのか?

上記でも説明しましたが、コラーゲンはたんぱく質で私たち人間には必要不可欠な成分のひとつです。このコラーゲンが不足すると、肌や関節への影響が出てきます。

若いうちは、コラーゲンの合成が盛んでサプリメントなどによる摂取は意識しなくても問題ありません。しかし、加齢などにより体内のコラーゲン合成が衰えてくるとしわやシミ、関節痛などを引き起こします。コラーゲンが減少し始める年齢は25歳ごろとされています。
以上のことを踏まえて、こんな人にオススメの成分といえます。

肌のハリが衰えてきたと感じる人やいつまでも若々しい肌を保ちたい人

コラーゲンは体の中でも多くが肌に存在し、その割合は体内コラーゲンのうち4割が皮膚にあるといわれています。

ひざや腰などの関節痛が気になる人

コラーゲンは軟骨部分に存在し、関節のクッションとしての役割を持ちます。コラーゲンが不足してしまうと、関節部分の軟骨が損なわれてしまいます。クッションがなくなれば骨同士がぶつかったりすれることによって痛みを生じます。これが関節痛というもの。年齢が高い人はもちろんですが、腰痛持ちだったり関節に不安のある人は、積極的にコラーゲンを摂り入れるといいでしょう。

怪我や日焼けなど傷の回復を早めたい人

床ずれの治療にもコラーゲンが使われ、効果が発揮されています。医学的にも推奨されているため、その効果は確かです。潰瘍になってしまったような傷や術後の回復にも効果があることがわかっているそうです。肌の再生を助ける働きがあるため、日焼けなどの一種の火傷にも効果が期待できます。

血管年齢が気になる人

コラーゲンは、全体の2割くらいが血管に存在しています。そのため、コラーゲンを補給することによって血管年齢に良い影響を与えてくれます。動脈硬化など血管の弾力を取り戻す手助けになるかもしれません。ただし、そのような効果は認められないという研究もあるため、信ぴょう性に欠ける可能性も否定できません。

コラーゲンは医学的に根拠がある成分なのか?

コラーゲンは医学的にも多く研究がされている成分です。たとえば、コラーゲンを経口摂取することによって「肌の状態改善」や「関節炎の改善」などの報告があります。しかし、あくまでもこの程度の報告であって、優れた成果は得られていないのが現状です。

しかし、コラーゲンペプチド(低分子コラーゲン)に関しての研究は期待が持てます。

肌への効果に関して

ラット実験においてコラーゲンペプチドを摂取した場合、肌バリア機能の向上と保湿性の改善といった結果が得られています。これは、肌のハリをよくする遺伝子が活性化されることによって引き起こる現象です。また、細胞を確認したところ「表皮と真皮」の両方に作用しているとのこと。

ほかの研究結果では、摂取4週間でしわが目立たなくなり、8週間でかなり改善したと報告があります。その変化量を計算すると、約4歳の若返り効果があったといえるそう。コラーゲンは、かなり高いアンチエイジング効果が期待できます。

軟骨への効果に関して

コラーゲンペプチドやグルコサミンが、軟骨へ悪影響を与える遺伝子の発生を減らすことがわかっています。同じ実験では、コラーゲンペプチドが軟骨細胞を若い状態で保効果があることも証明されています。関節痛が起こる前から摂取することで、将来的な関節痛を予防することも可能なのかもしれません。

コラーゲンの研究は、あくまでも途中の状態ではありますが、確かな成果を伴っています。

ダイエットサプリを探す