ダイエットサプリマインロゴ

人気ワード

桑の葉配合ダイエットサプリ一覧

青汁などの原材料としても有名な桑の葉は、日本でも自生しているクワ科の落葉樹です。ケールなどと同じくダイエットサポートには効果を発揮してくれます。

この桑の葉は、中国では昔から肥満予防の薬用茶として飲まれてきました。日本でも漢方として実を食べたり、お茶として飲まれたりしています。

この桑の葉に含まれる成分はダイエットでも多くの効果が期待できます

・腸内環境を整え便秘解消
・血糖値の上昇を抑える、糖尿病などの予防効果
・桑の葉に含まれるフラボノイド成分によるコレステロールのコントロールと中性脂肪の排出効果
・デトックス効果も期待できますので、ダイエットしながらの美肌効果

多くのサプリに含まれる成分ですので、ダイエットサポートには嬉しい効果ばかりです。

桑の葉配合ダイエットサプリ一覧

並べ替え:
  • おすすめ順
  • 評価の高い順
  • 安い順
  • 高い順
大人のカロリミットのイメージ

大人のカロリミット

¥2,592

スリムキープのイメージ

スリムキープ

¥1,296

桑粒習慣のイメージ

桑粒習慣

¥4,860

女子快のイメージ

女子快

¥3,800

カロリミットのイメージ

カロリミット

¥1,447

VENUS BODYのイメージ

VENUS BODY

¥9,504

CUTE MEのイメージ

CUTE ME

¥11,700

桑の葉はどんな人に向いているのか?

桑の葉は、

〇糖尿病・血糖値
〇メタボリックシンドローム(高血圧、中性脂肪、LDL(悪玉)コレステロール)
〇便秘
〇肝臓機能
などの症状が気になる方におすすめです。

これらのおすすめの理由を詳しくみていきましょう。

糖尿病の予防・改善および血糖値の上昇緩和

桑の葉が糖尿病および血糖値の上昇を抑える効果が期待される理由は、桑の葉だけが持つ特有成分「1-デオキシノジリマイシン」の効果です。普段、私たちが食事から摂った糖質(ブドウ糖)は、小腸壁でαグルコシダーゼという酵素と結びついて、体内に吸収できる形に分解されます。
1-デオキシノジリマイシン(DNJ)は、ブドウ糖と構造が大変よく似ているため、ブドウ糖よりも先にαグルコシダーゼと結びついてしまい、ブドウ糖が体内に入ってきても、糖分は吸収されずにそのまま小腸から大腸へ送られていきます。また、1-デオキシノジリマイシンとαグルコシダーゼの結合によって、すべてのブドウ糖の吸収が阻害されるわけではなく、ゆっくりと吸収されるようになるという特徴があるため、食後の血糖値の急上昇が抑えられ、糖尿病の予防や改善に効果を発揮します。

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームは、生活習慣病の予備軍で放置すると大変危険です。メタボリックシンドロームには、基準となる4つの項目(内臓脂肪型肥満、高血糖、高血圧、脂質異常)があります。この4項目で規定の数値に達するとメタボリックシンドロームと診断されます。メタボリックシンドロームの解決策は運動や食生活の改善による「ダイエット」です。その食生活の改善の一つに桑の葉があります。

桑の葉によるメタボ対策として第一に挙げられるのは、前項で取り上げた1-デオキシノジリマイシンの糖分吸収の阻害と食後の血糖値の急上昇の抑制効果により、メタボの予防や改善に効果を発揮します。

それ以外にも、桑の葉にはフラボノイド類や食物繊維が含まれていることもポイントになります。フラボノイド類や食物繊維には、コレステロール値や中性脂肪値を下げ、LDL(悪玉)コレステロールが活性酸素により酸化されるのを防ぎますので、メタボや動脈硬化の予防に対する効果が期待できます。さらに食物繊維には、腸からのコレステロール吸収を抑える働きがあります。

そのほか桑の葉に含まれているγアミノ酪酸(GABA)には、成長ホルモンの分泌を促進して脂肪分解酵素を活性化し、自律神経系をおだやかにするといった、ダイエットの効果を出すための大切な効能があります。

また、高血圧改善効果があるカリウム、カルシウムなどといった成分も桑の葉は含んでいます。このうちカルシウムは、なんと牛乳の約24倍、鉄分にいたっては納豆の約15倍も含んでいます。

このようにさまざまな健康効果を持つ桑の葉は、1-デオキシノジリマイシンや食物繊維、フラボノイド類をはじめてとするさまざまな成分の相互作用でダイエットやメタボ対策に効果を発揮していると考えられています。

腸内環境整え便秘を改善する

桑の葉に含まれている1-デオキシノジリマイシン の働きによって、小腸で吸収されなかったブドウ糖は、大腸の腸内細菌の働きにより、ブドウ糖から酪酸が作られます。その酪酸の働きにより排泄物を出口へ押し出す動きが活発になります。さらに大腸内が酸性になることで、乳酸菌が成育しやすくなるうえ、桑の葉に含まれるペクチン質の整腸作用により、便秘が解消されることが期待されます。食物繊維も食物繊維が豊富といわれているケールよりも約10倍も多く含まれていますので、桑の葉が配合された青汁やお茶を摂ることで、食物繊維も摂取でき便秘を改善することができるとされています。

肝臓機能低下の改善

桑葉には、アルコールの吸収を抑える働きがあることが確認されました。すなわち、飲酒した際の肝臓の働きをサポートする力が桑の葉にはあり、二日酔いに効果を発揮することがわかりました。
そもそも二日酔いはどうして起きるのでしょうか?二日酔いの原因物質はアセドアルデヒドではないかといわれています。お酒を飲んで、体内に入ったアルコールは胃や腸で吸収され、肝臓でセドアルデヒドという物質に分解されます。アセドアルデヒドは、さらに酢酸に分解され、最終的には炭酸ガスと水に分解されます。 アルコールを肝臓で処理しきれなかったときは、血液にアルコールやアセドアルデヒドが残ったまま体内を循環します。このとき現れる症状が二日酔いです。

桑の葉に含まれているフラボノイドは、ポリフェノールの一種で肝機能を高める効能が期待できます。さらに、桑の葉にはカリウムをはじめとする豊富な栄養素が含まれていて、体全体の調子を整えるので、胃のもたれや二日酔いのむかつきを予防する効果があるといわれています。

これまで桑の葉に含まれるフラボノイドなどが一定の二日酔い対策などによいといわれていましたが、 アルコールの吸収を抑制する実験成果が発表さてました。 実験では、健常者8人を対象に桑葉を摂取した場合と しなかった場合を比較した実験が行われました。 空腹時に採血後、負荷食であるうどんとウイスキーを摂取し、30分おきに採血して、血糖値と血中アルコール濃度を測定しました。次に空腹時に採血後、桑葉を摂取してから負荷食を摂取、採血しました。 その結果、桑葉を摂取した場合は摂取しなかった場合と比べて、血糖値とともに血中アルコール濃度も抑制効果が認められたそうです。

桑の葉は医学的に根拠がある成分なのか?

桑の葉の効果については、糖尿病の予防や食後の血糖値上昇の抑制作用,高血圧の改善,中性脂肪値を下げるなどこれまでさまざまな実験が行われました。今から10年以上も前の第23回肥満学会では、桑の葉の糖分の吸収を抑える作用は、医薬品とした販売されている糖吸収抑制薬とほぼ同等の効果があると発表されています。

また、二日酔い対策についても、健常者8人を対象に桑葉を摂取して飲酒した場合と桑の葉を摂取しないで飲酒した場合を比較した実験が行われました。その実験ではまず空腹時に採血し、その後負荷食であるうどんとウイスキーを摂取し、30分おきに採血して、血糖値と血中アルコール濃度を測定。次に空腹時に採血後、桑の葉を摂取してから負荷食を摂取、採血しました。その結果、桑葉を摂取した場合は、摂取しなかった場合と比べて、血糖値、血中アルコール濃度ともに抑制効果が認められました。

ダイエットサプリを探す