ダイエットサプリマインロゴ

人気ワード

生姜配合ダイエットサプリランキング

日常生活でも馴染みの深い生姜ですが、この食材にはジゲロールやショウガオールなど、多くの辛味成分が含まれています。血行促進効果が期待できますので、胃腸が活性化され消化機能の活発化が望めます。

便秘改善にも効果的な成分ですので、コレステロール値を下げたい方には最適です。また体温が上がることにより脂肪燃焼しやすい体になりますので、ダイエットにもとても効果的なものです。

生姜成分の入ったサプリであれば、ダイエットだけではなくアンチエイジングなどの効果も期待できます。痩せながら体のサビつきも防止してくれますので、是非摂取しておきたい成分です。

ダイエットサプリ一覧

並べ替え:
  • おすすめ順
  • 評価の高い順
  • 安い順
  • 高い順

副作用があるのか?

風味豊かに料理を引き立て、紅茶やココアに入れるだけで、冷えた体を温めてくれる生姜。血行の促進や殺菌効果、免疫力向上などのはたらきをもつことで知られています。

安全な食品として使われているため、副作用の心配はないと思われがちですが、過剰な摂取やあやまった使用法は、さまざまな症状をおこすリスクがあります。

生での使用は体を冷やす場合もある

温めるイメージが強いため不思議に感じる方もいるでしょうか。冷えを抑えるはたらきは、生姜を加熱したときに発生する成分、ショウガオールによるものです。体温を高め、代謝を促進するため、ダイエットにも適しています。

反対に熱をくわえず、生のときには免疫力を向上させるジンゲロールが発生。同時に解熱効果もはたらくため、冷え性の方が食したときには、さらに体を冷やすおそれがあるため十分な注意が必要です。

胃腸の弱い方は摂取量に気をつけて

本来であれば、体のなかに取り入れることで、消化の促進や食欲増進など胃や腸のはたらきをうながす役割を生姜はもっています。

サプリメントのように、効き目が濃縮してつくられたものは、活性化させる力も強いため、よりおおくの刺激を与えることになります。

適量の使用において問題が生じることはほとんどありません。しかしながら、胃腸の調子が悪い、もともと弱い体質の方が用いた場合には、腹痛や下痢のほか、吐き気や嘔吐などの副作用をおこすケースがあります。

そのため、定められた量より少なく摂取するなど、自分にあった飲み方を心掛けましょう。

薬効が症状を悪化させるケースも

発汗をうながす、抗酸化作用にデトックスとさまざまな効果が期待できる生姜のはたらきの一つが、「脳を刺激して活性化をうながす」です。
このため、リラックスして眠りたいときや、イライラしている状態での使用は好ましくありません。また、ストレスにより発症している諸症状を悪化させる可能性もあります。用いるときのタイミングが大切といえるでしょう。

一般的な料理や食事などで、生姜を食べることや適量のサプリメントの活用で、副作用の心配はほとんどありません。あやまった使用方法や体質によっては過剰となる摂取量がリスクを高めることを心得ておきましょう。

どんな人に向いているのか?

さまざまな症状に効果が期待できるなかで、代表的なものが血行をうながし体を温めるはたらきです。そのため、慢性的に体が冷えている、冷え性の方には生姜成分・ショウガオールが向いています。

また、体温があがる高くなるということは、代謝アップにもつながるため、ふだんからダイエットに関心のある方にも適しています。

「万病のもと」を改善!

肩や目がこったときなど、その箇所をうごかしたり、マッサージをしたりして改善をはかります。これは、血流が悪くなりかたくなった体のうごきを、温めることで本来の状態にもどす行動です。

血行不良による体の冷えは、頭痛や肩こり、生理痛や不眠など、さまざまな原因とされ「万病のもと」といわれています。

つねにこれらの症状に悩まされている冷え性の方は、血の流れを良くする生姜成分を取り入れることで、症状の緩和に期待がもてます。

加熱により効果アップ・ショウガオール

免疫力向上や殺菌作用に優れた、熱をくわえない成分のジンゲロール。もちろん、体を温めるはたらきはありますが、加熱や乾燥させることでつくられショウガオールが、より血行のはたらきを向上させます。

体温を高くする作用のほかにも、老化の原因とされる活性酸素の除去や自律神経を調整する効果があり、アンチエイジングとしても活用できます。

ダイエット効果に期待

気になるお腹まわりや体重を減らすには、身についた脂肪を燃焼させることが大切です。ダイエットに取り組もう、痩せることに関心がある方には、もう一つの生姜の成分、ジンゲロンの効能が活躍します。

ショウガオールと同じように、ジンゲロールを加熱や乾燥させることでつくられ、血行の促進と発汗作用、脂肪燃焼のはたらきが得られます。

30代以降から、おおく見られる代謝機能の低下。ふだんと変わらないメニューなのに、最近、体重がふえるや何となくふっくらしてきたなど経験をされた方もいるでしょう。

これは、いままで消費されていたエネルギーが、基礎代謝がおとろえたことにより脂肪として蓄積されているためです。脂肪を燃やすはたらきとは、代謝を活性化させているといえるでしょう。

ご家庭で生姜を加熱・乾燥させることで、ジンゲロンをつくることはできますが、多少の手間と時間がかかります。成分が配合されたサプリメントを用いることで、気軽にダイエット効果が期待できます。

医学的に根拠があるのか?

薬用としての歴史は古く、紀元前500年ごろの中国では、すでに用いられていました。日本へは3世紀ごろ伝わり、幅広い効用は医療だけにかぎらず、一般の家庭においても生活の知恵として伝えられています。

ショウガオールやジンゲロールなどの成分は、約30種類以上の病気予防や改善効果に期待できることが明らかにされており、日本における医療用漢方薬の約7割に生姜が用いられています。

「万病のもと」とされる冷え性を病気とはみなしていない西洋医学も、ジンジャーパウダーとしてさまざまに活用しています。効能にある、吐き気を抑える鎮吐作用や鎮痛作用、唾液分泌促進効果。これらの効き目に着目したのが、妊娠中の「つわり」対策としての利用法です。

日本のみならず、世界中の多様なニーズに対応できるスペックをもつ生姜。安全な食べ物、成分であることは研究により明らかにされています。しかしながら、その優れた効き目により、過剰な摂取やあやまった使い方は、体に負担をかける可能性があることも理解しておきましょう。

ダイエットサプリを探す