ダイエットサプリマインロゴ

人気ワード

防風通聖散配合ダイエットサプリランキング

難しい漢字ですが防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)と読みます。漢方薬の一種ですが、過食症を抑える薬として処方されています。

せっかくダイエットしていても、ストレスや頑張りすぎが原因でリバウンドを起こしてしまうことも。
その結果過食症になる方も少なくありません。

過食症そのものを治療する薬品は存在しませんが、症状を緩和することは可能です。

また、ダイエットにムリは禁物です。この漢方成分の含まれたサプリなどを摂取しておけば、予防としてダイエットライフをサポートしてくれるでしょう。

防風通聖散配合ダイエットサプリ一覧

並べ替え:
  • おすすめ順
  • 評価の高い順
  • 安い順
  • 高い順

防風通聖散の副作用について

便秘やむくみなどに効果のある、肥満防止の漢方薬です。自然の草木からとった生薬ですので、大きな副作用は報告されていませんが、下記のように注意したい点はあります。

  • 虚弱体質や胃腸が弱い、あるいは持病がある方はサプリを飲む前に医師に相談しましょう
  • エフェドリンなど交感神経を刺激する作用のある薬との併用(高血圧や心臓病など)は慎重に

大量摂取により起きる可能性のある副作用

  • むくみや血圧の上昇
  • 吐き気、腹痛、下痢、動悸や不眠など

また、めったにありませんが「重い副作用」として報告されている症状もありますので、念のために初期症状等にはご注意ください。

  • 血圧の上昇、だるさ、手足のしびれなど:偽アルドステロン症
  • 息切れ、発熱やから咳など:間質性肺炎
  • 食欲不振、かゆみ、吐き気、だるさ、発疹:肝臓の疾患

防風通聖散はどんな人に向いているのか?

防風通聖散は、脂肪の燃焼がしやすい体へ導いてくれることに加えて、便秘を改善させる働きがあります。発汗や利尿作用もあり、医学的にも痩せる効果が期待されている漢方です。歴史が古い漢方で、ニキビの治療薬としても使われていた過去があります。現在はダイエット漢方として一度は聞いたことがあるほどメジャーになっていますね。
これを踏まえると、以下のような人におすすめです。

腹部に脂肪がたまりがちな人

防風通聖散は、ウエスト径の減少に効果的というのが実証されているため、メタボなおなかの持ち主におススメです。健康診断でメタボを指摘された人は、一度試してみる価値がありそうですね。

固太りタイプの人

肥満の中でも、体力があって食べ過ぎる傾向にある人がこれに分類されます。脂っこいものが好きな人や肉食の人など、体に熱がたまってしまっているような人におススメです。虚弱体質な肥満タイプの人には向かないので要注意です。

ひどい便秘の人

上記のように、余分な「熱」を出すことによって、自然と便秘を改善させるのが漢方の考え方です。余分なものが排出されることで、体の機能が本来の正しい状態に戻り、肥満を改善させ予防します。

基本的に、ダイエットに効果的だと認識されていますが、すべてのダイエットに効果的なわけではありません。漢方であることも含めて、個人差の大きい成分です。しかし、相性がよければすごいパワーを発揮してくれるのが防風通聖散。便秘がちでおなかのぽっこりが気になる人は一度試してみる価値がありそうです。逆に、内臓脂肪が少なく平均的な体型の人が摂取したとしても、体の負担にこそなりますがダイエット効果は期待できません。美容体型に近づきたい人などは、別のダイエット方法をおすすめします。

防風通聖散は医学的に根拠がある成分なのか?

防風通聖散は、18種類の生薬から成り立ちます。使用されている生薬は、
・防風(ボウフウ)・大黄(ダイオウ)・麻黄(マオウ)・桔梗(キキョウ)・芍薬(シャクヤク)・連翹(レンギョウ)・薄荷(ハッカ)・山梔子(サンシシ)・防硝(ボウショウ)・白朮(ビャクジュツ)・当帰(トウキ)・甘草(カンゾウ)・川きゅう(センキュウ)・荊芥(ケイガイ)・滑石(カッセキ)・黄ごん(オウゴン)・石膏(セッコウ)・生姜(ショウキョウ)です。その中でも防風や麻黄がメインで高い効果を持ちます。

麻黄には、有効成分であるエフェドリンの働きにより、ノルエピフリンの分泌を促進させます、これにより褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞の両方が減少することがわかっています。
さらに、甘草や連翹には、ホスホジエステラーゼという交感神経の活性を抑制する酵素を阻害する働きがあります。より麻黄の働きを高める手助けをする生薬といえます。

自然の材料を使い、本来の身体機能を高めることによって改善に導くのが漢方です。ひとつひとつの生薬が、血流を改善させ便秘を改善に導き、余分な水分を出すなどの効果を持ちます。それらを合わせることで、脂肪の燃焼を促進させ代謝をアップさせてくれるのです。

しかし、実際に漢方がもたらす効能のメカニズムに関しては、多くが解明されていないのが現状です。そんな中、2010年から2012年にかけて、田村功一准教授ら循環器・腎臓内科学の研究グループが防風通聖散の研究に取り組みました。その結果、試験観察において基礎代謝を担う「褐色脂肪細胞」が活性化し、白色脂肪細胞と呼ばれる皮下脂肪類は小型化したことがわかりました。
血液内でもLDLコレステロールが低下し、動脈硬化を抑制するホルモンの上昇がみられました。
このように、漢方のメカニズムが解明されることにより、西洋医学と東洋医学の併用によって治療を効果的に進めることができるようになります。

実際に、人において研究された結果では、1日1200kcalと適度な運動を併用した上で防風通聖散を使った場合、半年でウエストが8センチ減少したそうです。

防風通聖散は、保険適用で処方してもらえる漢方薬です。ツムラやクラシエなどはよく耳にするのではないでしょうか。ツムラは顆粒ですが、クラシエは錠剤も扱っています。漢方は、食前の空腹状態で飲んだほうが吸収スピードが早く、胃酸により効果が穏やかになるとされています。せっかくなら、一番効果が期待できる飲み方を実践したいですね。

実際の効果を実感できるまでには、少し期間が必要です。上記の結果にもあるように、約1ヶ月程度かけて徐々に効果が発揮されます。あくまでも脂肪を除去するというより「体質改善」をして正常な状態に戻すというのが正しい考え方です。今すぐ痩せたい!数日で大幅な減量をしたい!というのは叶いません。リバウンドを防ぐという意味でも、ゆるやかな効果で確実に減量したほうがいいでしょう。
より高い効果を実感したい人は、防風通聖散に加えて生活習慣も正していきましょう。脂っこい食事や偏った食生活を改善することで、より防風通聖散の効果を実感できるようになります。自分自身も体質改善を意識し、そのヘルプとして漢方のパワーを取り入れましょう。

ダイエットサプリを探す