ダイエットサプリマインロゴ

人気ワード

シトラスアランチウム配合ダイエットサプリランキング

ヨーロッパでは「ビターオレンジ」として有名な柑橘系のフルーツ、「橙」(だいだい)の学名がシトラスアランチウムとなります。

中国では日常的に、内用では胃腸などの働きの改善、外用では炎症などを抑えるために使われています。さらに、この果物の皮に含まれる「シネフリン」という成分は、脂肪燃焼の効果を高めてくれます。

ダイエットには欠かせない体脂肪のコントロールには、有酸素運動と組み合わせることで高い効果が期待できます。さらに交感神経にも効果がありますので、サプリなどで積極的に摂取しておきたい成分です。

シトラスアランチウム配合ダイエットサプリ一覧

並べ替え:
  • おすすめ順
  • 評価の高い順
  • 安い順
  • 高い順

副作用はあるのか?

シトラスアランチウムにふくまれ脂肪燃焼にかかせない「シネフリン」。安全な生薬の成分としても知られていますが、決められた量をこえる使用や飲みあわせによっては副作用をともないます。

神経を高ぶらせる作用をもつ

ベータアドレナリンを活性化させることで脂肪を分解、効果的なダイエットをするほかに、神経を高ぶらせるはたらきがあります。このため、体に取り込むシトラスアランチウムの量には注意が必要です。

シネフリンは、コーヒーなどにふくまれるカフェインとおなじく、アルカロイドの一種です。中枢神経を刺激することで、意識の覚醒、興奮させる作用をもちます。

漢方薬の「陳皮」にもふくまれ、安全な生薬としてもちいられていますが、血管の収縮や血圧を上昇させる効果も確認。定められた量をこえる使用は、さまざまな症状を発症する可能性が高まります。

めまいから心臓発作・主な副作用

ダイエットの効果をもとめるあまり、たくさんのシトラスアランチウムを摂取することは、健康上において好ましくありません。めまいやふるえ、頭痛や不整脈の発症、心臓発作や精神病、脳卒中を誘発するおそれがあります。

特に心臓病や高血圧、糖尿病、中枢神経疾患などをわずらっている方は、病状の悪化や副作用がおこるリスクが高まるため、決められた量をまもることを心掛けましょう。

カフェインには注意が必要

気分を高ぶらせ興奮させるはたらきは、カフェインにもあります。このため、シトラスアランチウムとの併用は、シネフリンを適量よりもたくさん摂取することになり、健康におおきな影響をあたえる可能性があります。

家事のあいまや休憩時間と、日常的にコーヒーや紅茶を楽しまれている方もおおく、仕事や勉強の眠気覚ましにと、タブレットを口にされる方もいるでしょう。

決められた目安でおこなわれるサプリダイエットは安全です。副作用をともなわず、健康的に痩せるためにも、カフェインとの併用をひかえることを心掛けましょう。

どんな人に向いているのか?

痩せるために脂肪を燃焼させたい人、元気のでない毎日に活力がほしい人にシトラスアランチウムの成分は向いています。

日々のダイエットをたすけるサプリメント

基本的に肥満は、取り入れたエネルギーが消費されず、蓄積することによりおこります。体を維持する「基礎代謝」や運動など生活のなかで使われる「生活活動代謝」がおおければ太ることはありません。

食事の量は変わらないのに、体重が増えた、お腹まわりが気になるという声が、30代を過ぎたころから聞かれるようになります。

これは、代謝機能が年齢とともに低下したため、いままでは消費されていたエネルギーが蓄積されるためです。

あまったカロリーは脂肪として残りますが、分解には燃焼を活性化させる「β3アドレナリン受容体」と呼ばれる遺伝子が活躍。シネフリンは、この受容体とむすびつくことで刺激をあたえ活動をうながし、体脂肪を燃やします。

ウェストがきつくなってきた、スッキリとした体形になりたいなど、ダイエットを意識された方。日々の生活のなかに、脂肪を分解させるシトラスアランチウムを取り入れることで、「痩せる効果」に期待がもてます。

空腹を感じない?食欲を抑える作用

お腹がすいて、ついお菓子に手を伸ばしてしまう、ちょっとだけ食事をおおく食べてしまうことは、誰にでもあることでしょう。

しかしながら、この空腹感に負けた「つい」や「ちょっとだけ」が肥満の原因となり、あとからの後悔につながります。

先ほどの「β3アドレナリン受容体」とはたらきはことなりますが、空腹を抑える作用が、「α1アドレナリン受容体」にあります。

シトラスアランチウムは、β型におこなったようにα型も活性化。ダイエットの大敵である食欲抑制効果が期待できます。

体に活力を!元気な毎日を過ごすために

オフィスには山のようなデスクワーク。プライベートも次から次へとやることが。さまざまな理由から、「やる気がでない」や「元気がでない」と感じる人もおおいことでしょう。

はつらつと行動できる活力がほしい場合にも、アドレナリンを刺激するシネフリンの効果が発揮されます。脂肪を燃焼させるはたらきのほかに、交感神経や副交感神経を活性化させる作用があり、しずみがちな気分を高ぶらせます。

コーヒーとおなじく、意識をはっきりと覚醒させる安全な興奮刺激剤ですが、シトラスアランチウムの成分により、元気な状態になっているともいい変えることができるでしょう。

副作用のところでもふれましたが、たくさん取り入れることは健康に影響をあたえる可能性があるため、定量をまもる、おなじ性質をもつカフェインとの併用はひかえるべきです。

医学的に根拠がある成分なのか?

日本では橙「だいだい」と呼ばれ、縁起物として知られるシトラスアランチウム。
古くから漢方薬の「橙皮」、「枳実」として健胃薬などにもちいられ、ヨーロッパでは「ビターオレンジ」として親しまれてきました。

サプリメントとしての存在も、安全性と即効性で国内のみならず、アメリカにおいても高い人気をあつめています。

実際にシトラスアランチウム使用したダイエット結果は、効き目のある方とない方にわかれています。体質や持病など個人によって差があるため、「すべての方に効果がある」とはいいがたいのが現状です。

しかしながら、「β3アドレナリン受容体」を活性化させることで「ホルモン感受性リパーゼ」を刺激。このはたらきにより、脂肪の分解が促進されていることが確認されています。

蓄積された脂肪細胞を「白色脂肪細胞」と呼び、体温を調節する役割をはたしている細胞は「褐色脂肪細胞」です。体熱がおおく発生するということは、それだけエネルギーが消費されていることにつながります。

シネフリンの研究結果では、成分のはたらきかけで褐色細胞脂肪がより活発に
うごくことが明らかにされています。このため、燃焼がさらに加速し、たくさんのカロリー消費が期待できるでしょう。

ダイエットサプリを探す