ダイエットサプリマインロゴ

人気ワード

50代人気のダイエットサプリメント口コミランキング

261人がこのページを参考にしています。

50代痩せるサプリ

50代になると基礎代謝は衰え痩せにくい身体になってきます。

その主な原因といわれているのが、更年期。

今までのように食事や運動をしていても痩せない、そんな中年太りを解消するにはどうしたらよいでしょうか?

ここでは、50代の女性がダイエットに摂取したいサプリやダイエット方法について紹介しています。


50代代謝を上げるサプリ

お腹の脂肪対策サプリ「シボヘール」

通常価格
¥3,218(税込)
WEB限定
¥980(税込)
  • お腹の脂肪を減らすのを助ける
  • 脂肪の抑制・分解・燃焼をサポート
  • 機能性表示食品
サプリの特徴や成分について詳しくみる

公式通販サイト

10種の黒素材で代謝アップ「黒美妃」

黒美妃
出典元:www.krachaidam.jp
通常価格
¥4,600(税別)
定期価格
¥4,300(税別)
  • アミノ酸BCAA配合
  • 黒酢・黒生姜・黒にんにくなど10種類
  • 5種のダイエット成分プラス配合
サプリの特徴や成分について詳しくみる

公式通販サイト

50代からの痩せる酵素サプリ!ランキング

口コミで1位獲得「酵水素328選生サプリメント」

酵水素328選
出典元:www.kosuiso.jp
通常価格
¥4,190(税別)
定期価格
¥2,095(税別)
  • 業界最多328種類配合
  • シリーズ累計350万個販売
  • 豊富なビタミンB群!こだわりの品質
サプリの特徴や成分について詳しくみる
(クリックすると見れます)

酵水素328選の公式通販サイト

麹が生み出す酵素の力「麹の生酵素 菌活ぷらす」

麹の生酵素 菌活ぷらす
出典元:https://lisblanc.co
通常価格
¥9,800(税別)
初回価格
¥980(税別)
  • 3つの酵素でダイエットを強力サポート
  • 4種の酵母で糖質カット
  • 40種類の植物発酵エキス
サプリの特徴や成分について詳しくみる

麹の生酵素 公式通販サイト

医学博士が開発した「新谷酵素」

新谷酵素
出典元:www.shinyakoso.com
30日分
¥3,066(税込)
7日分
¥300(税込)
  • 新谷弘実博士が開発の酵素サプリ
  • 自然由来の酵素と乳酸菌配合
  • 活きた酵素を凝縮
サプリの特徴や成分について詳しくみる

新谷酵素の公式通販サイト

50代で結果を出すには?失敗しない酵素サプリの選び方

酵素サプリの選び方

体内の酵素は加齢とともに減ってしまうため、それを補う酵素サプリが役に立ちます。

「カロリーを押さえた食生活を送っているのに体重の変化がない」という方は酵素不足により脂質が分解されず体に溜まってしまっている可能性があります。

生野菜・果物からしか取れない貴重な酵素を凝縮したサプリを飲むことで、食事制限によるダイエットをより効果的に変えましょう。

また、生の植物系食材を使用していることから、熱で壊れやすいビタミン類を補給できる点もこのタイプの良いところです。

秘訣ドリンクタイプは、置き換えやファスティングなどで使われることがありますが、こういった置き換えダイエットは50代の身体には負担が強すぎるため控えましょう。普段の食事と一緒に酵素サプリを飲むだけでも十分効果が期待できます。

50代におすすめの痩せるサプリとは?

代謝を上げるなら黒酢サプリがおすすめ

50代のダイエットにおすすめな黒酢

黒酢には代謝をアップさせる成分が含まれており、運動や食事制限などさまざまなダイエット効果を引き上げるサポート効果があります。

またコレステロールを下げてサラサラな血液にする効果もることから、健康診断で気になる数値がある方にもおすすめです。

黒酢は飲みにくい」というイメージですが、サプリなら味や臭いがほとんどなく飲みやすく工夫されています。

間食が止められない方はカロリーカット

50代のダイエットは間食NG

50代のダイエットでは無理な食事制限はNGです。栄養不足になると、体調不良となってダイレクトに響いてくるためです。

でも、痩せるには食事の改善は避けられませんが、そのようなときにはカロリーカット系のサプリが活躍してくれます。

食べたもののカロリーが腸で吸収されないようにする作用があるのがポイントです。

秘訣仕事やプライベートで外食が多い方、どうしても揚げ物やスナック菓子がやめられない方、食生活が乱れている方にもおすすめですが、カロリーカットサプリを飲んでいるからと言って、暴飲暴食、食べ過ぎは厳禁です。

健康美人を目指すなら青汁ダイエット

50代の青汁ダイエット

サプリ以外のダイエットとして50代に人気な青汁ダイエットがあります。

人気の理由としては続けやすくTVでの認知度が高いということが上げられます。

中には「青汁はどれも同じじゃない?」「そもそも青汁でダイエットができるの?」なんて思っている方もいることだと思います。

青汁を飲んだだけではダイエット効果はもちろんありません。

運動したり食事もカロリーを控えたメニューに変えたり、毎日の中に青汁をプラスすることで、痩せやすい体質へ変えていきます。

青汁に含まれている成分によってはダイエット効果に多少違いはありますが、食物繊維を取り入れ毎日継続していくことで痩せるに繋がると言われています。

秘訣青汁ダイエットはすぐに結果を求める人には向いていませんが、栄養価値が高く体に負担が少ないので、必要な栄養素を補いながら、健康的に体の内側からキレイを目指す50代のダイエットにはおすすめです。

50代が痩せるために気を付けたいこと

50代のダイエットは長期戦です。健康維持を第一優先に、少しずつ痩せていくことを心掛けましょう。

計画を立てるときは、半年以上ダイエットを続けるという前提で。短期間の集中ダイエットや食事を抜くことは、体重が落ちにくくなり逆効果です。

ダイエット計画は1ヶ月1kg減を目安に

50代のダイエットは1ヵ月1キロ目安

1ヶ月で落とす目標体重を少なくすることが、中高年ダイエットの秘訣です。

50代のダイエットは筋肉や代謝の低下によりダイエットに成功しにくいという特徴があります。

特に、体重の減り具合が止まる停滞期が長く、その間に挫折してしまうケースが数多くあります。

この停滞期を乗り越えるためには短期間の激やせを狙わず少しずつダイエットを行うことが効果的です。

その目安が1ヶ月でマイナス1kg

これだけでも、始めてみると意外とハードであることが分かるはずです。

最初にスタートダッシュを切って仮に3kg以上痩せたとしても、その後は身体が脂肪を蓄えるモードに入り、代謝がさらに落ちてしまいます。

50代のダイエットは、とにかく少しずつが大切です。

食事を抜かず、バランスよく食べること

50代のダイエットはバランスよく食べる

ダイエットと言ったら食事制限を思い浮かべる方は多いはず。

しかし、50代ではタブーです

栄養不足になると、痩せにくい身体になるだけでなく、健康面でも重大な影響を及ぼすかもしれません。

そのため、ダイエットの定番でもある置き換えやファスティングはもってのほか。糖質制限も、今食べすぎでないかぎりは控えたいところです。

とくに朝食はさまざまな食材を少しずつ、バランスを取って食べることを心掛けましょう。

こうすることで、午前中から身体が活性化し、基礎代謝とともに脂肪の燃焼率もアップ、結果としてダイエットの効果が上がります。

ただし、食べすぎはNG

50代にかぎった話ではありませんが、食事は腹8分目が基本です。

食べすぎないためにも、噛みごたえのある食べものをよく噛んで食べることを心掛けましょう。これは10年後、20年後の歯の調子を良くする意味でも重要です。

そのような意味で、生野菜のスティックはおすすめのオヤツだと言えます。噛みごたえがありながら、不足しがちな酵素を補えるという点でおすすめです。

50代のダイエットは栄養を充実させ、体のコンディションを整えることがダイエットへの近道となります。健康的に痩せるということ、長期間続けること、3食きちんと食べることを前提とした計画を立てましょう。

50代がダイエットに成功するには?

誰もが“節目”を感じる50代。体型が急に変わってしまう方も少なくありません。

50代から太る主な原因は、性ホルモンの減少です。

ホルモンの量の変化で、痩せにくい体になる

50代が太る原因はホルモンの変化

50代は中年から老年へと変化する節目の時期です。男女ともに性ホルモンの分泌が急激に減り、体への影響を自覚し始めます。

具体的な症状としては

  • 動悸・息切れ
  • 胃のむかつき
  • 下痢・便秘
  • 関節痛

などがあります。

性ホルモンは、代謝を維持し、筋肉・骨を健康に保つ働きをもつ物質です。ホルモン量が減ることで、各所の機能が衰え、不調を感じる原因となります。

また、内臓機能や運動に気がかりが増えると、食事制限や運動を生活に取り入れにくくなります。このことが太りやすさを助長し、ダイエットを始めにくい体に変えていってしまいます。

睡眠が浅く・短くなり、満腹中枢が乱れる

50代が太る原因は睡眠不足

性ホルモン減少の影響には、睡眠の質を低下させる作用もあります。

眠りに関する医学論文には、睡眠が浅く・短くなると、満腹を感じにくくなるという報告があります。

脳が休まらないまま日中を過ごすため、食べたものと量を認識する力が低下するためです。

食べても満足できない、何か常につまんでいたいという習慣が付いてしまうと、体型を戻すのは大変難しくなります。

体全体がだるく、動く気になりませんので、さらに脂肪が蓄積され太ってしまう原因となります。

性ホルモンは、微量ながら体の各所に影響します。代謝の低下や筋肉・骨のトラブルにつながり、何となく具合が悪い、動きたくないといった不調となって現れます。

また、睡眠の質が落ちることで暴飲暴食の習慣がついてしまうことも、体型を戻りにくくする原因の1つです。

性ホルモンは身体の至るところに影響をおよぼします。代謝の低下や筋肉・骨のトラブルにつながり、何となく具合が悪い、動きたくないといった不調となって現れることもあります。

50代にオススメの運動ダイエットは?

筋肉・代謝量が低下する50代は、運動内容や取り組み方に工夫が必要です。

思わぬケガを避けるため、ごく軽い運動を毎日続けることを意識しましょう。

生活の中で取り入れられるようなながら運動がオススメです。

低負荷、短時間の無理ないエクササイズを

50代は簡単な運動をしよう

これまでの運動経験に関わらず、50代からの運動ダイエットは「無理をしない」が基本となります。

ウォーキング、ジョギングはおしゃべりができる程度の速度で、1日30分までとします。

スイミングは水中ウォーキングに変更し、温水プールなどで少しずつ取り組みましょう。

ジムに通うかたであれば、マシントレーニングよりヨガなどのストレッチ系プログラムを選んでください。

50代の体は筋肉量が低下しています。本人は気付いていないことがほとんどで、「慣れた運動プログラムなのに急にケガをしてしまった」という事態になりやすい時期です。せっかく始めたダイエットですので、確実に継続できるよう負荷レベルを下げて取り組んでください。

日常的にできる「ながら」運動を心がける

50代が痩せるにはながら運動がおすすめ

日常生活で行う動きをエクササイズ化するながら運動は、忙しい方にもオススメです。

  • 電車通勤中、駅に停まったら少しだけつま先立ちをする
  • キッチンでよく使うものを高いところに置き、背伸びする習慣をつける
  • 思いついた時に、5回腹筋をしめる

これらは、多くの50代男女が挑戦し、実際に効果のあった運動例です。

体重を落とすだけでなく、下腹部・ウエストなどパーツごとのサイズダウンにも効果的です。

50代以降の体は、代謝が上がりにくいという特徴がありますので、ながら運動をするときは、深く呼吸しながら行うことを意識してください。

息を止めてしまったり、ハッハッと短い呼吸になると、代謝が思うように上がりません。ゆったりとした気持ちで、深く長い息使いを心がけましょう。

50代のダイエットにおいて、運動は欠かせません。しかし、ハードなエクササイズはケガにつながり逆効果です。軽い運動を、深く長い呼吸で行うことを意識してください。

年代別ダイエットサプリランキングまとめ

📌10代ダイエットサプリランキング
📌20代ダイエットサプリランキング
📌30代ダイエットサプリランキング
📌40代ダイエットサプリランキング

みんなが選んだ!激やせサプリランキング

激やせダイエットサプリランキング

ダイエットサプリを探す