ダイエットサプリマインロゴ

人気ワード

リコピン配合ダイエットサプリランキング

リコピン配合ダイエットサプリ

リコピンの特徴

リコピンは、トマトやスイカ、グアバ、ピンクグレープフルーツなどに含まれている赤やオレンジ色、黄色の色素で、カロテノイドの一種です。カロテノイドとは、動植物に存在する天然の色素全般のことをいいます。カロテノイドの種類は多く、現在確認されているものだけでも700種類を超えるといわれています。リコピンの他にカロテノイドとしてよく知られているものには、β-カロテンやルテイン、カプサイシン、ゼアキサンチン、β-クリプトキサンチンなどがあります。

カロテノイドはそれぞれに特徴が異なり、中でもリコピンは他と比べて抗酸化作用が優れていることが分かっています。カロテノイドの中でもとくに知名度が高いのがβ-カロテンですが、リコピンの抗酸化作用はβ-カロテンの2倍ほど高いといわれており、同じく抗酸化作用があるといわれているビタミンEに比べて100倍も作用が強いといわれています。

私たちの体内で発生する活性酸素は、生活習慣病の原因となるほか、シミやシワ、たるみなどの肌老化の原因となると考えられています。リコピンには、生活習慣病や肌老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用がありますから、摂取することで、生活習慣病や肌の老化を予防できると考えられています。また、リコピンは肥満を予防するともいわれており、そのため最近ではダイエットサプリの成分としても注目されています。

リコピン配合ダイエットサプリランキング

並べ替え:
  • おすすめ順
  • 評価の高い順
  • 安い順
  • 高い順

リコピンのダイエット効果は?

リコピンには抗酸化作用があることから、血流を改善する効果があるといわれています。血流が悪いと、動脈硬化などの原因になるほか、新陳代謝が低下するために太りやすくなります。
逆に血流が良くなると、必要な酸素や栄養がスムーズに運ばれるようになるため新陳代謝が高まります。ですから、体内に蓄積された脂肪などが燃焼されやすくなりますし、食事から摂り入れた脂質や糖質もすぐにエネルギーとして使われやすくなります。つまり、脂肪として蓄えられにくくなるということです。

また、リコピンの持つ抗酸化作用は、脂肪を蓄える脂肪細胞の働きを抑制することも分かっています。ですから、リコピンを摂取することで脂肪細胞が脂肪を蓄えるのを妨げることができると考えられています。このような理由から、リコピンの摂取はダイエットにも効果的とされているのです。

リコピンの摂取量については、成人1人当たり1日15mg以上が理想といわれています。これを食品から摂ろうと思うと、プチトマトなら15個程度、普通サイズのトマトなら2~3個、トマトジュースなら1本(190ml)の摂取が必要とされています。ですから、ダイエット目的でリコピンを摂取する場合は、毎日最低でも15mgは摂取する必要がある点を思いに留めておきましょう。この量を食品から継続的に摂るのは簡単なことではありませんから、サプリメントなどを利用して補うのが手軽な方法です。

リコピンには副作用はあるのか?

リコピンはトマトやスイカ、グアバなどの食品から摂取する場合、とくに副作用は報告されていませんので、安心して摂ることができます。
しかし、サプリメントから摂取する場合は、過剰摂取は肝臓に負担をかける恐れがありますから注意が必要です。リコピンを大量に摂取したからといって、ダイエット効果を高めることができるわけではありません。ですから、サプリメントから摂取する場合はサプリメントに記載されている使用量を守るようにしてください。

リコピンどんな人に向いているのか?

抗酸化作用があることで知られているリコピンですが、次のような方には摂取がおすすめです。

■ダイエット中の方
■アンチエイジング対策を考えている方
■生活習慣病の予防をしたい人
■血流が悪い方

ダイエット中の方は、新陳代謝を高める効果があるリコピンの摂取がおすすめです。リコピンによる劇的なダイエット効果は期待できませんが、血液の流れを良くして新陳代謝を高めてくれるリコピンを摂取することで、太りにくい身体づくりのサポートをすることができます。また、リコピンの持つ抗酸化作用は生活習慣病の予防・改善に効果的とされていますから、とくに中高年の方は積極的に摂るといいでしょう。

リコピンには活性酸素を除去する働きがあるといわれていますから、活性酸素が原因で発生するシミやシワ、たるみなどを予防する効果が期待できます。ですから、アンチエイジング対策を考えている方にも摂取はおすすめです。

リコピン医学的に根拠のある成分なのか?

リコピンを毎日摂取することで、特定の病気の予防・改善効果が確認されたという研究結果が複数報告されています。例えば、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の予防・改善に効果的なホルモン量の増加がみられたという報告や、リコピンの摂取がメタボリックシンドロームの予防に効果的であることが確認されたという報告、また大腸ガンや肝臓がんなどの発生率を低下させることができたとする報告がなされています。

ですから、リコピンには生活習慣病やガン、肥満の予防・改善において一定の効果が得られると期待できます。しかし、これらの研究報告はマウスを使った動物実験レベルのものだったり、小規模な臨床試験レベルのものだったりして、科学的に信頼性の高い臨床試験による結果ではありませんから、過度の期待を抱かないようにしましょう。
ダイエット目的でリコピンを摂取する場合は、あくまでもダイエットのサポート役として運動や食事制限と併用して摂取するようにしてください。

ダイエットサプリを探す