ダイエットサプリマインロゴ

人気ワード

キトサン配合ダイエットサプリランキング

キトサン配合ダイエットサプリ

キトサンとは?

コレステロール値を下げる効果がある特定保健用食品(トクホ)として初めて認定されたキトサンは、ダイエットにも効果があると注目されています。キトサンはカニやエビ、シャコなどの甲殻類の甲羅や殻に含まれているキチンという成分を化学処理して抽出した動物性植物繊維のことです。

キトサンの原料のほとんどはカニの甲羅からですが、実はキノコなどの菌類の細胞壁、昆虫類の外皮などにもキチンは含まれており、キノコ由来のキトサンサプリを販売しているメーカーもあります。

キトサンにはコレステロール値を下げる効果以外にも、脂肪の吸収を抑えたり、有害物質を体外へと排出したりする効果があると言われています。

キトサン配合ダイエットサプリランキング

並べ替え:
  • おすすめ順
  • 評価の高い順
  • 安い順
  • 高い順

キトサンのダイエット効果は?

キトサンには脂肪分が体内に蓄積されないようにしたり、腸内に残っている脂肪を吸着して体外に排出したりする働きがあると考えられています。そのため、ダイエット時に摂取するのが良いといわれています。

キトサンを摂取することで脂肪分が体内に蓄積されにくくなる理由は、肝臓で作られている胆汁酸と大きく関係があります。胆汁酸は脂肪を乳化して体内への吸収を早くする働きをしていますが、キトサンを摂取して胆汁酸と結びつくと脂肪を乳化することができなくなってしまいます。乳化できなくなるということは脂肪が体内へ吸収されにくくなるということです。ですから、ダイエットが成功しやすくなるといわれているのです。

またキトサンの構造は多孔質(無数の穴があること)で、表面積が大きくなっています。表面積が広いということは、それだけ脂肪や有毒物質などを吸着・排出する能力に優れているとも考えられています。

キトサンを摂取するタイミングとしては、脂っこい食事をした後が勧められています。キトサンには体内の脂肪や毒素などを吸着する働きがあるといわれていますから、脂肪分が多い食事をした後に摂取することで、余分な脂肪が体内に吸収される前に排出することができると考えられているからです。ですから、食後にキトサンを摂取するという習慣をつけておくと、太りにくい身体づくりのサポートとなるかもしれません。

キトサンには副作用はあるのか?

キトサンを摂取することで重篤な副作用が現れたという報告はなされていません。ただし、カニやエビなどの食品アレルギーがある方がキトサンを摂取すると、発疹やかゆみなどのアレルギー症状が現れる恐れがあります。また、キトサンは水分を吸着する力が強いため、摂取し過ぎると便秘になる可能性もあります。

市販されているキトサンの多くは、カニの甲羅やエビの殻などから抽出された動物性植物繊維であるので安全性の高い成分ではありますが、摂り過ぎると身体の調子が崩れてしまうこともありますので、1日の目安量を守るようにしましょう。
キトサンの1日の摂取目安量は1~2gほどで十分だといわれています。市販されているキトサンサプリメントの1日の摂取目安量を見てみると1g以下で設定されているものがほとんどですので、目安量を守っていれば副作用を心配する必要はないでしょう。

キトサンはどんな人に向いているのか?

コレステロールを下げたり、脂肪の吸収を抑えたりする効果があるとされているキトサンは、次のような方に摂取がオススメです。

■ダイエット中の方
■コレステロール値を下げたい方
■肥満を未然に防ぎたい方
■免疫力を向上させたい方
■デトックスをしたい方

キトサンはダイエットをしている方だけでなく、コレステロールの数値が高いと気にしている方にも向いているサプリメントです。コレステロール値が高いと、動脈硬化や狭心症、心筋梗塞など血液や心臓の病気になる可能性が高くなってしまいます。キトサンにはコレステロールを原料としている胆汁酸を吸着して排出するという働きがありますから、キトサンが腸内に多く存在すればするほど、胆汁酸をつくるためにより多くのコレステロールが使われ、結果としてコレステロール値が下がっていくといわれています。

他にも腸内環境が整えられるため免疫力が向上する、ダイオキシンや重金属など体内に入ってしまった環境汚染物質をデトックスする効果も期待できます。

キトサン医学的に根拠のある成分なのか?

キトサンが持つコレステロールを下げる効果や脂肪吸収を防ぐ効果については、様々な報告がなされています。
キトサン研究の第一人者である城西大学の和田教授が行った細胞実験や動物実験では、キトサンの摂取によって血糖値が下がることや食品に含まれるプリン体を除去することができたという報告がなされています。また、メタボリック症候群の予防や治療にもキトサンが将来的に役立つと期待されています。

12名の肥満患者を対象に行われた臨床試験では、キトサンを摂取したグループの方がプラセボを摂取したグループを比較して体重、ウエスト周り、BMIが減少したという報告がなされています。この臨床試験は信頼性が高い無作為化二重盲検という方法で行われていますので、医学的な観点からもキトサンには肥満を予防する効果があるということができそうです。

ダイエットサプリを探す